忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
07
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673]  [1672]  [1671]  [1670]  [1669]  [1668]  [1667
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
再び遙か3+十六夜記プレイ中。

その理由は、最近になって「運命の迷宮 愛蔵版」(PSP)が未開封な事に気がついたため…

何かの時にHPで迷宮のPSPパッケージをみて、

(これ、買ったっけ?見たような、見ていないような…)

と、部屋の中を捜索。

そして発見。

ブログを見返しても、証拠はバッチリでしたw

「3+十六夜記」のデータが「運命の迷宮」に引き継げるというので、

まずは前者を完全制覇!と思っていたんだな、自分。

ゲームソフト自体も未開封なら、特典で付いてきたソフトも手付かず。

確か、銀含む各キャラの撮りおろしの何かが入っていたはず…

「全てクリアした暁には」という無謀な自分ルールを設けたため、

ずーーーーっと、棚の中で眠っています;;


別に誰かに明言したわけでもなく、破った所で誰が迷惑するわけでもない自分ルール。

結構、これに苦しめられている自分が居ます。

最近だと、何度も書いた1Q84ね。

あれを読まない事には彩雲国の最終巻(上下)が読めない…

なのに抜け道があって、他の本は読んじゃったりしてる…

そういうルール。


早い所、運命の迷宮にたどり着くべく、今一度3+十六夜記に向かい合う日々です。

そして、この度先生ED迎えました。



以下、完全なネタバレです。

といっても、PS2版発売から相当経っているし、問題ない?

これからプレイしよう!という方はご注意ください。








どのEDよりも一番重たい。

初めてPS2でED見た時も、激しく落ち込んだ自分が居るのです。

神子の為に運命を上書きし続ける先生。

先生ルートEDまでは、先生が清盛と相討ちすることが、神子が生き残る唯一の運命。

けど、プレイヤーとして各キャラ攻略の中では、神子は確実に生きている。

神子が生き続けることが第一の先生にとって、それは良い結末なのかもしれないけれど…

上手く言葉・文章にする事が出来ないのがもどかしいのですが、

神子を守るため自分を鍛えた30年。そして九郎への剣の指導。

自分の全てを神子へ捧げた先生の想いは?と思うと、とても可哀相でならないのです。

先生EDを迎えることで全て報われた。とは、どこか思い難い部分が自分の中にあります。


逆鱗所持者の事とか考えると、更にモヤモヤ。

一周目の時点で神子は逆鱗を持っていない。けど、先生は居る。

先生が八葉として存在しているということは、先生は既に逆鱗を持っている状態です。

二周目以降が複雑。

先生討死。腕輪の欠片を手に入れ、鬼の里に入る術を手にします。

運命を遡り、逆鱗が先生(子供)の手に渡る。

先生(子供)が時空超躍するまでは逆鱗が2つ存在し、それ以降は先生のみ所持。


先生(子供)を助けるには、腕輪の欠片が必要で、

腕輪の欠片を手に入れるには、先生(大人)が死ななければならず、

先生が存在するには逆鱗が必要で、逆鱗は1周目が終わらないと存在しない。

なのに先生は存在する。

しかも、神子が子供の先生を救うまでの間、大人と子供の2人の先生が存在している。

神子が白龍によって京にやってくるという現象は、先生が存在するのに必要不可欠で、

一周目の最期も避けられない、必要な出来事になるのだけれど、

先生が一周目の時点で存在しているということは、それ以前に逆鱗を手にしていなければならず…

先生の運命のループが既に始まっているはずなのだけど、逆鱗入手のタイミングと、

神子が京へやってきて、先生が関わるタイミングとが、自分の中でうまく整合性がとれない…

鶏が先か、卵が先か、と同じ理論のような堂々巡り。

プレイの中で何か見落としがあるのか…う~ん。

逆鱗が2つ存在する時点で、2人がそれぞれに運命の上書きを繰り返すことで、

繰り返してきた運命に何かしら歪みは生じそうな気もするけれど…これはちょっと違うような気もする。


色々書きながら自分の中で整理を試みたけれど、やはりどうもスッキリしない…モヤモヤ。

とにかく、先生ルートは色々考えさせられる事が多いです^^;





そんな頑張り中の3+十六夜記クリアを阻む、気になる新作ゲームの数々…


俺の屍を越えて行け (※音が出ます)

 12年ぶりのリメイクでPSPへ移植。11月10日発売予定。

 友達イチオシのゲームだったのでちょっと気になっています。

 でも、これ、絶対時間がかかるゲームだよね?!

 
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

 待ってました、幻水の新作。前作はDSだったからね…

 発売日未定です。年内、ということはないはず。来春くらいを想像中。

 内容についても、映像しかHPには公開されていないのですが、

 なんとなく、過去作品にも絡んでくるような気がしています。


お菓子な島のピーターパン

 最初は買う気はなかったけど、HPに公開している4コマが楽し過ぎて

 ちょっとやってみたい…w

 既に発売中とか危険すぎる…

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]