忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
08
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1285]  [1286]  [1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1277]  [1278]  [1276
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「この映画は面白い!」と自分周辺で評判のこの映画。

確かに面白い!ちょっとDVD出たら欲しいかも。


きっと何度見ても楽しめる映画ですので、

気になる方には是非映画館に足を運んで欲しいです。

(決して関係者じゃありませんよ!!)


映画HPはこちら

nankyoku.gif

拍手



姉上がしきりにお勧めしてきたこの映画。

見る前から

「おめでとう、西村君。」

と真似してくる始末。

これで見なけりゃ訳の分からないままですよ。


南極にある日本の基地といえば「昭和基地」しか思い浮かばなかった。

けれど、他にも数か所基地を持っているんですね!知らなかった。

この映画はそのうちの「ふじ」という所が舞台ですが、

現在、その基地は使用されていないとのこと。


定期的に荷物輸送がされるわけでもないので、

滞在期間中の必要な物資は一度に運びいれられる。

食料も然り。


食料は天然の冷蔵庫(冷凍庫)とも言える屋外に、

段ボールの状態で山積みに…

「盗まれやしないか?」なんて心配は不要なものなのだ、というのが伝わってきます。

だって、周りに人が居ないから。(ウイルスすら生息していない極寒の地だそうです)


まぁ、基地内でのラーメンとか、バターとか盗み食いをする人が現れるのですが。


「南極料理人」というタイトルからうかがえる通り、色々な料理が登場します。

本当に見た目にも、日本に居る時と変らない料理の数々。

それがどれもおいしそうで、空腹時にこの映画を見るのは酷というもの。

食事の後に見に行った方が良いのかなぁ~

食事前は、おなかが鳴らないように注意!


見どころは料理だけでなく、料理を囲む人間模様って言うのですか?

涙あり・笑いありの日常風景(常なのか・・・?)も見どころです。

日々の些細な事柄が、そうではないのだ、と感じられます。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]