忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
10
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日(土曜日)にレイトショーで観に行ってきました。

「ZODIAC」


昨日は出勤日だったのですが、

仕事の波は嵐の前の静けさと言ったところで暇でした。

土曜の定時は16時。

そんな中、15時頃に姉からメールが入りました。(姉は休み)

拍手




「ゾディアック」観に行くけど…という内容。


以前、二人でテレビを見ていた際に、

この映画の予告編を見て、二人とも「面白そう」と言ってたので。


そんなこんなで、一緒に観に行くことになりました。


面白そうとか言っておきながら、まったく内容を知らず、

仕事中にコッソリHPチェックとかしましたが、

本当にコッソリやっていたので、イマイチ判らず。

何も知らないまま、映画を見ることになりました。


この映画、結構長い映画で約3時間。

レイトショーなので、始まるのが21:40。

帰りは終電ギリギリですが、乗り損ねても

自宅から徒歩圏内なので安心です。(それでも電車を使う人)


さて、映画の内容ですが、未解決事件とか、ミステリーとか好きな方は

ご存知なのかもしれませんが、

実際にアメリカで起きた事件を元に作られている映画です。

しかも、未だに解決されていないというもの。

これも映画館で席に着いてから知ったことですが、

どうやらR12指定の映画らしいです。

観てしまえば「確かに」と思ってしまいます。



結構明るめの曲で始まったりするので、油断してしまったのですが、

突然殺人が始まるのが恐ろしい…

お隣の女性の方は軽く悲鳴を上げておりました。


いきなりそういうシーンが始まるので、

その先は身構えて映画に臨みました。


結局「ゾディアック」と名乗る犯人が実行した殺人は

4件とされており、内3件の殺人が映画のシーンとしてあります。

はっきり言って、2件目が一番見てて辛かった…直視に堪えないというか。

R12指定の意味はこのあたりにありますね。


大胆にして決して有力な証拠を残さなかった犯人・ゾディアック。

そして、彼に翻弄され、人生を狂わせる刑事、記者、風刺漫画家。

限りなく黒に近い人物にはたどり着くのに、物証が無いため手が出せない。

犯人は複数犯だという説もあるようですが、それも定かではなく…


実際の出来事で、まだ未解決で、犯人は生きている可能性もある。

日本は比較的安全な国ですが、いつ何が起きてもおかしくはありません。

この映画に触発される可能だってありますから。

ちょっと恐ろしいですよね。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]