忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
04
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573
New Entry
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
2015/05/20 ---- とうらぶ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20110213-01.jpg

POKET DIGITAL CAMERA SQ30m GARDEN / NORMAL

映画を観に行った時に、長々とグチを書きましたが、

その後、無事パンフレット入手しました!

はぁ~良かった。

拍手


普通のパンフレットと違い、趣向を凝らした仕様となっております。

A4を縦に半分にした程度の大きさで、

紙製のケースと言いましょうか、筒状になったものに納められています。

ケースの表面に物語の重要アイテムである「そろばん」が印刷されています。

そして、ケースから中身を取り出すと、帳面に見立てたパンフレットが!

「入払帳」も劇中のアイテムですから、とても凝っています。


今まで観た映画の中にも、結構凝ったパンフレットの映画がありました。


「天国の本屋 恋火」は、ポケットに収まるほどの小さな冊子。

それまでパンフレットと言えば、A4サイズあるいはそれより大きいものと思っていたので、

劇場で購入した時には軽い衝撃を受けました。

これが一番記憶に残っている。


「クヒオ大佐」も割と小さめですね。

恋火ほどではないけれど、文庫本くらいの大きさでしょうか。

赤い型押しの表紙に、金色のエンブレム。

ちょっと高級そうな感じで。


どの映画もデザイン、形状、紙質等々とてもこだわった作りになっています。

立てて並べた時に揃わないのは、多少気持ちが悪いですが…


そうそう。

ハリポタなんかはシリーズなのに、大きさがマチマチですね。

監督が変わったとか、そういうのも関係あるのかな。

あれは、シリーズで揃えて欲しかったなぁー何て言うのはワガママかな。

ロード・オブ・ザ・リングの三部作は、

パンフレット専用バインダーも発売されましたよね。

自分はちゃんと買って、3冊納めました!

かさばる!(えっ

バインダーの厚み分場所を取って仕方ない;;

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]