忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
12
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「さくら 日本切手カタログ2010」を片手に、

日本切手の在庫調査を行いました。

自分が買ったものは微々たるものですが、

祖母・叔母・母そして父が購入したのがわんさか。

古すぎてびっくりした。


「シート」であったり、専門用語でいう

「ペア」「ストリップ」「ブロック」の状態のものも。

うんと古いものだと使用済みのものになってしまうわけですが、

はぁ~すごいなぁ~と思います。

拍手


切手話が続きます。


さくらカタログにそれぞれマーカーでチェックを入れながら、

評価額みながらヒーヒー言ってました。

切手の世界は奥が深いです。

何がどうしたら、そんな価値になるんだろう?


そんな感じで数週間。

未使用のものと、古い使用済み切手についてはチェック完了。

ここ20年分の使用済み切手は未確認。

水はがしをするか・しないかで迷い中。

シールタイプのものも、水はがしって出来のかなぁ…んー。


日本の切手の新し目のものを整理するのを優先するか、

海外切手を整理するのを先にするかも迷います。

とりあえず、ビニールに収まっていた分は、国別に仕分けしてみました。

満州、琉球はもちろんのこと、

今は分割・併合等され無くなってしまった国の切手とか

本当に、どういった経緯で我が家にやってきたのか

謎なものが出てきました。

どこの国のものかも分からない切手まで…

(アラビア文字しかないって…)


これはちょっと、切手の博物館に行かなきゃダメかなぁと。

国別で本とかも出ているらしいし…

行ったらしばらく帰ってこられない気もする!そして散財。

や、散財ではないか。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]