忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
10
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859]  [858
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日ネットのニュースを見ていたらこんな記事を見つけました。

「都心掘れば、ご先祖様」

建設現場から次々と発見される人骨の話でした。



床下から白骨死体が!というとサスペンスの世界ですが、

フィクションではなく、地下数メートルの所に

今もまだ多くの骨が眠っているかもしれないというのですが、

きちんと埋葬されたものならば…と思うけれど

あんまり気持のよいものではないですね。

拍手



仕事が建築系なんでちょっとこういう記事は気になります。

ウチの会社は戸建て住宅が主なので

数メートルも掘ることはないですけど、

数メートルに満たない浅い所に人骨がある方が問題だ!

って出たことないと思うけど。

少なくとも入社以降でそんな話聞いたことないな。


「年間1~2件は決まってある」

と書かれると、明日は我が身と思ってしまいます。

出た場合にはやはりどこかのお寺に納めるのでしょうか。

引っ越していったお寺が残していったものなら、

そのお寺に納めればよいですが、

廃寺になってしまった場合はどうなるのだろう…

無縁も何も調べるのも大変そうだしなぁ

現場もおそらくお清めとかするんでしょうね。

してなかったらちょっと嫌かも。


現在ではそういう過去の遺構とか注目されているから良いものの、

以前はやはり「イメージが良くない」という理由で隠されたものもあったそう。

今でも多少イメージダウンにつながると思うんですけど…う~ん





実家のあたりはもともと畑だったはずなので

よっぽどのことがない限りそう言った物は出てこないだろうなぁ

古い地図を見ても畑の地図記号がひたすら並んでいました。


それでも田畑の境界とか、敷地の端っこに

墓地を構えている家があるのを県内・県外含め見かけたりしますから

「畑だったから」で無いとは言いきれないですね。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]