忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
08
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1733]  [1732]  [1731]  [1730]  [1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう1日1回しかやってなくて、今日を逃したら劇場で観られないかもしれないっ!

と、アタフタしながら行ってきました『天地明察』。


もちろん今日は映画の日でもないし、サービスデーでもないし、

レイトショーでもなく1800円。

でも、1800円払っても良い!と思える映画でした。


bnr_380x100.jpg

拍手


本当は公開してすぐに行きたかったよ…

また色々見逃してるのがあって悲しい。

踊るはまだ1日3回やってるから大丈夫そうだけど。


ちなみに、次の映画鑑賞予定は11月2日公開の『のぼうの城』!!

これは初日に行きたいな~ずっと待ってた…;;


さて、映画の感想っぽい何かです。




原作は読んでない(読みたい…)けど、全然大丈夫。

客席から笑いが漏れるシーンあり、思わず涙してしまいそうなシーンあり、

2時間超の作品ですが、完全に映画の世界に飲みこまれました。

パソコンもましてや電卓もない江戸時代初期。

そろばんと算術用の道具を用いて、膨大な観測データを緻密に暴いていく。

決して順風満帆ではなく、辛く苦しい時も、一途に星を追いかける。

投げ出してしまいそうな時は、そっとそばから支え、時に叱咤激励してくれる人居る。

壮大な歴史ドラマであり、愛にあふれた映画だと思いました。



今観る夜空は街の明かりにかき消され、

わずかな星ぼししか観ることが出来ませんが、

それでも天を仰いでしまうのは何故なんだろう。

見えているけど観えない宇宙にどうして心惹かれるんだろう。


人は宇宙の一部であり、また宇宙でもあるんだなー。


昨日今日とオリオン座流星群みられるみたいで、

月も細いし観測にはよさそうですね!



のぼうの城の舞台、忍城あたりは現在こんな感じ。(写真は城ではなく櫓です)



OLYMPUS E-520 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 + MARUMI MC-UV

「世紀のワイドショー ザ・今夜はヒストリー」で頻繁に出てきました。「江戸城」として…

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]