忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
10
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1263]  [1262]  [1261]  [1260]  [1259]  [1258]  [1257]  [1256]  [1255]  [1254]  [1253
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先々週に試写会に行って参りました

miracle-at-st.anna.jpg

拍手


詳しいあらすじ等は公式HPを見て頂ければと思います。

st.annna-240-240.jpg






さて、感想です。

ネタバレっぽいです。





舞台は主に第2次世界大戦。

戦争映画ですから、銃撃戦など本当に生々しい描写が。

だからR-15なのか?と思っていたら、

男女のムニャムニャも多少。

(お隣の席、女子高生でしたが…)


途中はだいぶ落ち着いた感じで話が進んでいきますが、

クライマックス近くなって、再び街中での銃撃戦。

最後のドイツ兵は紳士的でした。軍服もかっこいい。


話の中心人物となるのは主にアメリカ軍の黒人部隊。

ごめん…最後の銃撃戦になってようやく4人の見わけがついた。

そういう感じなので、映画観る前には登場人物を抑えておいた方がよさそうです。

そして、もう一回見たい。見て、ちゃんと理解したい。

(惨いシーンはご遠慮したい…)


俳優さんについて、全然知らない人ばかりで申し訳ない。

唯一わかったのは、パルチザンのピッペが

「天使と悪魔」のオリヴェッティであったこと。

家に帰って「天使と悪魔」のパンフレットを確認しましたので、間違いありません。


あとは、あのイタリア人かな…

どっかで観た事あるんだけど…


「あのイタリア人」って書いて誰だよ!ってなりそうですが、

ここはお話のかなり核心の部分ですから、秘密です。







戦争シーン、銃撃シーンはあまり気持ちの良いものではありません。

目を背けてしまいたい。

それが正直な気持ちですが、それは過去に行われてきた事実であり、

今も地球上で繰り広げられている事なのです。

映画ですから、実際のものよりは抑え気味になっているでしょうから、

本当の戦争を考えるとゾッとします。


戦後の日本に生まれ、戦争というものは歴史であり、

あるいは、TV越しに伝えられる現実味のないものであったり。

でも、そういう認識だけではいけないのだなと、映画を見て思いました。


この地球上から戦争が無くなる事を、心から願います。




自分の信じるもののために。

自分の正義のために。


けれど、人の命を奪うことなく。


両立させる事って難しいものなのでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]