忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
08
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1889]  [1888]  [1887]  [1886]  [1885]  [1884]  [1883]  [1882]  [1881]  [1880]  [1879
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月20日に観て参りました~

新聞にあったWOWOWの広告と、TVの映画コーナーを観て気になっていたのです。



映画の公式ホームページはこちら

拍手


色々グサリと胸に突き刺さる映画で、初めて映画館で泣きました。

ほろり。


立場も職業も性格も、自分とは違うけれどどこか共感というか、

自分にもある部分を突き付けられているのだと思います。


どういう訳か自分でも良く分かりませんが、

10代の頃からすでに自分は結婚出来ない、と思っていました。

したい・したくない、ではなく、出来ない。

何故?と聞かれても、理由は思い浮かばない。

(何があった、自分!!!)

どこかで読んだ「人生をシェアする」という言葉の方が、

「結婚」よりしっくりくる、と最近感じました。

だからと言って、そういう相手はいないのですが・・・


2月に祖母を亡くした事も、どこかさわ子さんの環境に重ねて観てしまったり。

果たして自分は良い孫であったろうか?

色々迷惑をかけたのに、何も返せずじまいだった。

かつて予備校の先生が言っていた「親から受けた恩は子供に返せ」という言葉に

救われた事もあったけれど、今となっては自分の行先は袋小路。

返す先の無い恩ばかりがズシリズシリとのしかかってくるのです。


映画を観てはいるんだけども、それとは別の所で

今一度自分の人生を振り返り、

抱えて、押し込んで、見ないフリをした諸々が溢れてきて、

選び歩んできた道のりを戻りたくなる。

戻ったところで、正解なんてありはしないのに、

「今」を選びとった事に自信が持てない。

きっと違う道を選んでも、きっとどこかで多少なりとも後悔することがあるのだろう。


言葉にのせられない感情がごちゃまぜになって

なんだか無性に泣きたくなる。

けど、泣いても良いんだ、と元気をもらえる。

そんな映画のような気がしています。


書いてみてもまとまりがなくて、結局何が書きたかったのかも見失いました・・・

やっぱり気持ちを言葉にすることは、頭もエネルギーも必要です;;
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]