忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
09
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
金糸雀堂  ‐自己満足(建築)写真サイト‐  日記と称して、ほぼ趣味の部屋です。
[1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120
New Entry
2017/05/10 ---- 美女と野獣
2016/02/25 ---- 重たい話
2015/11/22 ---- 疲弊してる
2015/11/03 ---- 甘味の秋!
2015/10/04 ---- 十六夜の月
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きっと都会では生きていけない人間なんだと思います。


高校時代から乗り続けている電車に、今も通勤で乗っているわけですが、

未だかつて経験したことのないような出来事に遭遇しました。


通勤時間の電車は混んでます。

これは毎度の事。特に文句もありません。

電車が進に連れ、乗客数が多くなるため、

多少押されたりするのもよくあること。

その場合、大抵はドア付近から車内中心部に向かって押されいくものですが、

今日は!

何と!

中心部から…中心に立っている女性から

これでもか!と言わんばかりに押されました。

拍手




自分が乗車する時点では、

ある程度自分の好きな位置に陣取ることができる程度に電車が空いている状態で、

今日は学生さんが座っていたので、その前に立っていました。

(学生さんは割と付近の駅で降りる可能性が高いのです。)

7人掛けシートの端から3番目。

つまりは中央シートのお隣です。

ドア側から押されてくることはあっても、

中ほどから押されることは、中央付近の人が降りる時くらいなもの。

混雑時のポジションとしても、申し分ない位置です。


地元駅から数駅。

最初中央側に立っていた男性が降り、問題の人がやってきました。

最初は全然気にしていなかったのですが、

電車が1駅、また1駅と進むごとに、肩・腰を使って押してくる。

電車の揺れとか、人の出入りに関係なく、

明らかにその人の意思で押しているのです。

もちろん反対側にも人がいますので、そのまま押されっ放しという訳にもいかず、

ある程度自分も踏ん張る訳ですが、それに負けじと押してくるのです。


その人は手に持っている鞄のほかに、紙袋をもっており、網棚に載せていましたが、

ちょっと押しては、その紙袋を自分の方に寄せ、

押しては寄せ、押しては寄せ…


一番の混雑時には足まで踏まれました。

最初は我慢して、途中で足抜いたにも関わらず3度も。


そこまでしてこの人は何がしたかったのだろう?

いつ降りるかも分からない学生さんの席に座りたいのだろうか?

吊革につかまりながら、グルグルと考えましたが結論は出ず。


押される分、反対側の人を押してしまう事になり、

迷惑そうに見られました…


自分は好きで押しているのではない。

自分は悪くない…と思ってみたところで、

押してしまっている事は事実。

「悪くない」

そう思っている事自体がすでに悪い事の様に思えてきた。


自分の乗車マナーが完璧か、と問われたら絶対そんな事はありえない。

こういう場合にはどうしたら良いのか。

最初から立っていた位置に立ち続けることは悪いことか?

押されるがままに押し出されてしまった方が良かったのだろうか?と

自分の判断に自信が持てなくなりました。


学生さんは途中で降りて行き、

押し勝った女性が座り、

自分は下車駅が近くなったので、ドア付近へ移動。

いつもはギリギリまで動かないけど、

今日はそこいは居たくない気分でした。


なんだろう、この気持ち。

悔しい?

遣る瀬無い?


とりあえず、「人の振り見てわが振り直せ」と肝に銘じました。

もしかしたら、自分も無意識でやっているのかもしれ無いと思うと、

とても恐ろしいです。



明日も同じ人が居たら嫌だな…

時間をずらすか、場所を変えるかしなければならないか…
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
げんきだしてください~!!
鄙木さん、とっても災難でしたね・・・。
やっぱり東京方面の電車事情はたいへんか、と(TT)

青木は、前の会社の社員研修で6ヶ月ほど、埼玉の草加から
半蔵門まで通っていたのですが、あの通勤ラッシュを体験後は
名古屋とか大阪とか、甘っちょろいとおもいました!!

「車内こみあいまして、たいへんご迷惑を・・・」とか名古屋圏の
車内放送でながれていると、こんなもんこんでいるうちに
はいらんわ~っ!!って、東京の人なら絶叫ますよね、きっと。

お話拝見てたら、やっぱりその女の人、あらかじめ降りる学生さん
に目をつけていて、座りたかったのかなぁって思います。

青木の提案としては、
(1)その女性は、きっと「心を病んでいる人」ということで
   イエスのように広い心でゆるしげあげる
(2)満員電車も苦行の場ということで、ブッダになりきって
   苦行にたえてみる (from聖おにいさん)
(3)ヘタリアをみならって、深く考えないことにしてみる・・・
   都合のわることは、忘れてみる・・・
・・・とか?
茶化して、すみません~m(__)m 
いつものごとく、うまくいえないんですが、
・・・・・げんきだしてくださいね~。

追伸■先日はわざわざ、拍手コメントありがとうございましたv
最近は拍手もあまりないせいで、確認になかなかいかないので…
お礼おそくなってすみません。
青木 URL 2009/01/21 (Wed) 01:55:39 編集
ありがとうございます(´_`。)
ご心配をお掛けしております
双葉さんもこちらで通勤電車を利用されていたんですね。
他の大都市部とそんなにも混み具合が違うのかっ!と驚きです。
それでも、やはり朝の電車はどこも大変ですよね

励ましの言葉、ありがとうございました
「聖おにいさん」に思わずぷぷっと笑ってしまいました
笑ったら、心が軽くなったように思います!
通勤ラッシュ時に悟りが開けるかも?!
浮上のきっかけを与えて下さる双葉さんは、まさに聖人です

**
こちらこそ、こっそり足跡残させて頂きました~
御迷惑でなければなによりです♪♪
2009/01/21 (Wed) 23:31:58
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



blogram投票ボタン
最新CM
[06/26 少彦名]
[01/05 青木]
[11/01 青木]
[08/22 青木]
[07/03 前田敦子]
プロフィール
HN:
鄙木
HP:
性別:
非公開
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 新・覚書 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]